前回のコードギアス話の続きを書こうと思ったけど「マクロスF」第4話が面白かったのでそっちの話。

「マクロスF」は第1話見てないのですが、第2話見て初代マクロスへのオマージュというか、リフレインが大変多かったことに興味を持ちました。
「ガンダム」だとファースト要素を意図的に盛り込むようなことを良くやってるんですが「マクロス」はそういうのあんまり無かったんですよね。
これは「マクロス」が「戦闘機(バルキリー)」「歌」「三角関係」の3つのお題で作られているからかな。このマクロス三原則さえ満たせばマクロスなので、あまり世界観やキャラクターなどの地続き観は問われない。
「マクロスF」は恐らく初めて本格的に「ファーストマクロス」(「マクロスF」の存在でこう呼ばれるようになるんだろうか)を下敷きにした作品だと思う。

「マクロスF」のマクロス三原則は以下になるだろうか。
・戦闘機(バルキリー)→新型バルキリー
・歌→菅野よう子
・三角関係→パイロット、トップアイドル、アイドル候補生

バルキリーは新しいの出てきたけど特に今のところ目新しいのはなし。この要素をバトルパート全般と捉えれば、CGバトルシーンということになるけど、かなりがんばってます。板野さんは別作品の監督やってますので参加してませんが。
歌(音楽)は菅野よう子担当。「マクロスF」の制作が「アクエリオン」のサテライトなので、菅野よう子に期待されているのは「マクロスプラス」ではなく「アクエリオン」的なヒットなんじゃないかな、という印象を受けましたが、今の所そこまでインパクトのある曲は無い感じです。ライブシーンがあった第1話見てませんが。
今回の三角関係は、パイロット(主人公)とトップアイドル、アイドルに憧れる女の子、が中心になるみたいです。マクロスでは恋愛だけでなく、大枠の構造でも銀河の三角関係だったりするのですが、今のところ他の三角関係は良く分からない。

ここまで「マクロスF」の紹介と前置き。ここから第4話「ミス・マクロス」の感想。



第4話「ミス・マクロス」
・アイドルに憧れる女の子がミスマクロスコンテストに出場する話。
・ファーストでも同タイトルの回があり、ミンメイがミスマクロスで優勝してアイドルへなるきっかけになった。
・第4話で「ミス・マクロス」。ファーストでは確か第8話だったかな。早い。すばらしい。
・コンテストで女の子が歌うのが「私の彼はパイロット」。曲紹介によると「伝説の曲」扱い。
・一方その頃、主人公のパイロットはミスマクロス見に行きたかったけど、バルキリーで戦闘中(これもファーストと全く同じ構成)。
・赤いクァドラン・ロー登場。ファーストでは敵のエース、ミリアの機体。今回は味方機として登場。
・歌詞「大きなハートが重ねて2つ」を、バルキリーの飛ぶ軌跡でハートをつくってシンクロ。うまい。
・女の子はミスマクロス優勝しませんでした。これはちょっとしたサプライズ。ここは、はずしてきたか。
・赤いクァドランのパイロットはやっぱりメルトランディでした。その後の掛け合いを見る限りメガネの二枚目とくっつくか。(マックス×ミリア路線)

話の全体の構成はかなり忠実にファースト「ミス・マクロス」に沿ったもの。
優勝しなかったところが大きく違う。何か別の方法でデビューするということでしょうね。
ファースト要素を小ネタでなく全体構成まで取り入れながら、オチの部分はきちんと変えたりするのはうまいですね。
この回見て、これは信用していいんじゃないかなと感じました。

ここまでファーストの構成を取り入れていると、今後予想される展開も色々ありますね。
・「パインサラダ」(ロイ・フォッカーが戦死する回)。女の子の兄がフォッカー。これはそのまま戦死するかも。
・戦死といえば柿崎。あの後輩が柿崎ポジションでしょうか。いや、まあ、でもあれは死にそうにない。
・敵が宇宙怪獣みたいな感じ。今のとこコミュニケーション取れる敵では無い。
・なので歌が決戦兵器になるというマクロスの伝統をどう扱うのかよく分からない。「マクロスプラス」では敵がいないので洗脳兵器になっていたけども。
・主人公が梨園(歌舞伎界)出身というネタはどう生かされるんでしょうか。ここはちょっと疑問。

不安点は敵の設定でしょうね。カルチャーショックネタはもう使えませんし。
敵をコミュニケーション取れない存在にしてしまうことで敵側の描写をオミットしてしまうというのは「トップをねらえ!」を見ても作劇的にありだと思うのですが、「マクロス」は歌があるからなあ。
コミュニケーション取れない相手に歌が効くというのは弱いよね。敵に働きかけるんじゃなくて味方の支援魔法みたいだったらいいのかも。
銀河の三角関係作るために、怪獣の上位存在とか、別の勢力とか出てくるかも知れませんけどね。

敵と歌の使い方によってはまだ分かりませんが今のところ「マクロスF」は面白いことやってると思います。
初代「マクロス」を見てる人間には色々興味深いのですが、見てない人や若い人にどう受け止められてるんでしょうね。
マクロスF(フロンティア) 1マクロスF(フロンティア) 1
(2008/07/25)
中村悠一遠藤 綾

商品詳細を見る
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP